代表挨拶
 

 
 日本人の寿命は戦後飛躍的に延び世界一の長寿国と言われるようになって久し いものがあります。 

 我々日本人は人生80年をすごせる状態になりました。 その日本人にとって定年後の第二の人生を

どう過ごすのかということは大変重要な問題です。 「よく学ぶことに遅すぎることはない」と云います。

 つまり人間にとっ て学ぶということはとても重要なことであり、自分自身の教養、人間性を高めること

ができ人生を大変有意義なものにしてくれます。

 
 もちろん生涯教育の対象はそれだけではありません。 専業主婦など日頃から家庭にこもりきりの人
たちもまた対象となるはずです。
 
 昨今インターネット利用が急速に普及しましたが、私たちはこの生涯教育の分野 でコンピュータを用
いて、社会への関わり合いを持ちながら人生を豊かにしてくれる環境作りに携わっていきたいと思って
おります。