■SPARS変更履歴
v1.34  2000.09.25 1.エイリアス設定で外部ドメインのアカウントを指定すると中継拒否される不具合。

v1.33  2000.09.18 1.中継拒否時の応答コードを一部変更。

v1.32  2000.08.25 1.メーリングリストへ投稿されたデータを指定フォルダへ保存可能に。

v1.31  2000.08.17 1.登録したメールアカウント名が20文字(アカウント登録の最大文字数)の時、アカウントデータベースへの問合せが失敗する場合がある不具合。
                  2.メーリングリストにてタイトルが付加された状態の再投稿で余計なタイトルを除去するように変更。(ASCI文字でのタイトル指定のみ)

v1.30  2000.08.07 1.MAPS RSS でのチェック対策。
                    "postmaster"という管理者用の仮想アカウントについてデフォルトでは無効とするように変更。
                  2.effect.datでtrue指定されたアドレスからメールアカウントがエイリアス指定されている時正しく変換されない不具合。

v1.29  2000.07.28 1.effect.datへの設定で、"only"指定が複数機能するように変更。

v1.28  2000.07.28 1.エイリアス設定で、対象メールアドレスに"固定文字*@ドメイン"と指定したものが複数定義されていると、
                    最初に見つかったエイリアス設定にて変換をしてしまう不具合。
                  2.spacontrol上から設定された、エイリアス設定にてメールアドレスに"*@ドメイン名"を指定した場合、
                    "未登録のアカウント@ドメイン名"で外部へのメール中継を行えてしまう不具合。
                  3.effect.datへの設定で、"only"指定した時の中継方法の変更。

v1.27  2000.07.18 1.NAT環境下などで、対象マシンに、ローカルIP・グローバルIPが割当てられ、ローカルIPの
                    アドレス引きが出来ない環境設定下においてローカルIPが優先されたネットワーク設定に
                    対し送信接続したとき、中継が拒否される不具合。

v1.26  2000.07.17 1.送受信のドメインで逆引きが出来ない場合ハングする可能性がある不具合。
                  2.ドメインが指定されないメールアドレスで、送受信に"postmaster"と指定するとハングする不具合。
                  3.effect.datへメールアドレスをfalse設定すると、全てのメールが拒否されてしまう不具合。

v1.25  2000.07.06 1.メーリングリスト送信時の"Reply-To:"ヘッダーの付加を選択可能に。

v1.24  2000.06.24 1.作業フォルダ,メールボックスフォルダ,管理者アドレスの設定が空白の時デフォルト値に置き換えられない不具合。
                  2.クライアント接続後、応答前に中断した時、ハングする可能性のある不具合。

v1.23  2000.06.17 1.作業フォルダへの%HOME%変数を利用可能に。
                  2.作業フォルダのデフォルト値を"%SystemRoot%\SYSTEM32\SPA\MAIL"に変更。
                  3.メールボックスフォルダのデフォルト値を"%HOME%\INETMAIL\INBOX"に変更。
                  4.管理者アドレスのデフォルト値を"Administrator"に変更。

v1.22  2000.06.08 1.条件によりハングする可能性の不具合。
                  2.ハンドルのクローズ忘れ。

v1.21  2000.05.31 1.IMSが未インストールでも利用が可能に。
                  2.effect.dat中のアドレス拒否の記述"false"の後部に" "(空白)があると、拒否できない不具合。
                  3.その他ちょっとした修正。

v1.20  2000.05.18 1.Local User,Postmaster,Aliase,Mailing List名のチェック順序の変更
                  2.postmasterへのメールが送信されない不具合

v1.19b 2000.05.11 1.effect.datでの中継制限でドメイン名による処理に起因しハングする不具合
                   (v1.19での手直し時の不具合)

v1.19a 2000.05.09 1.内部ドメインチェックで内部ドメインのマシン名が認識されない場合がある不具合。
                  2.受信手順中ハングする可能がある不具合。

v1.19  2000.5.8 1.エイリアス拡張で、MapTo:"*@xxx.co.jp"でAiliases:"abc-*@xxx.co.jp"のとき正しく展開されない不具合。
                2.effect.datファイルが実行フォルダから削除されると受信拒否されてしまう可能性のある不具合。
                3.effect.datにて、メールアドレスおよびドメイン名での中継制御が可能に。

v1.18a 2000.04.17 1.ユーザーチェックで、条件によりハングする可能がある不具合
                    (前バージョン手直し時の不具合)

v1.18 2000.04.16 1.接続開始時のレスポンスの速度改善
                 2.ドメイン名の比較方法の一部変更
                 3.接続タイムアウト処理の一部変更

v1.17 2000.03.25 1.複数ドメイン使用時に特定のアカウントに特定のドメインのみで受付けを可能に。

v1.16 2000.03.23 1.解除キー登録ロジック追加。

v1.15 2000.03.14 1.「送信を試みたIPアドレスのログ」を行い、接続タイムアウトする
                   クライアントが発生したとき、ロックしてしまう不具合。

v1.14 2000.03.13 1.メーリングリストのタイトル・連番付加で、"Subject:"ヘッダのないメール
                   を受取るとカウントアップしない不具合。
                 2.シェアウエア用解除キーのロジック追加

v1.13 2000.02.21 1.一部のウイルスの二次感染を抑制するフィルタ機能を実験的に追加。
                 2.[Accept Mail For:]が未定義の時メールを受付けてしまった不具合。
                 3.同一IPに対し複数のドメインを割当てたとき、同一メールの送受信がサーバー
                   内で永久にループする不具合。
                 4.受信終了後にタイミングよってハングする可能性の修正。

v1.12 2000.02.13 1.PostPetで送信すると送信が終了しない不具合。
                 2.送信を試みたIPアドレスのログを取得可能に。

v1.11 2000.02.11 1.デバッグモード処理手直し。
                 2.受信カウンタの処理手直し。
                 3.受信中のincomingフォルダのロック処理手直し。

v1.10 2000.02.02 1.接続クライアントとのタイムアウト処理の見直し。
                 2.ローカルグループ名"IMSUsers"以外での運用を可能に。

v1.09 2000.01.26 1.各ワークフォルダがサービス起動時、自動作成されなかった不具合。
                 2.受信バッファサイズを拡張。
                 3.ドメインユーザーマネージャに登録済みの"IMSUsers"が未定義のユーザーを、
                   メーリングリスト名やエイリアス名に定義したとき、受信拒否される不具合。
v1.08 2000.01.20 1.データ受信終了判断処理の手直し。

v1.07 2000.01.16 1.エイリアス機能が複数ドメインに対応可能に。
                 2.メール受信時の最大サイズを制限可能に。
                 3.メールボックスの最大保管サイズを制限可能に。
                 4.ロギング機能として受信メールの複写転送を可能に。

v1.06 2000.01.12 1.外部からのPostmaster宛てのメールが中継できない不具合。

v1.05 2000.01.07 1.内部ユーザー判断処理の手直し。

v1.04 2000.01.03 1.メーリングリストアドレスでの受信時に"Reply-To:"ヘッダーの追加。
                 2.メーリングリストにタイトル及び連番を付加する設定の追加。
                 3.エイリアスされている内部ドメイン以外を指定されたとき振分け出来ない不具合。

v1.03 1999.12.29 ユーザーに対するローカルグループが複数設定されていると、存在する
                   ユーザーとして認識出来ない不具合。

v1.02 1999.12.25 1.<存在しないユーザー@内部ドメイン>として送信者に指定された場合、
                   通過させてしまう不具合。
                 2.VRFYコマンドの応答処理。
                 2.エイリアス指定されたメールアドレスの"*"を解釈しなかった不具合。
                 3.effect.datに受信拒否のIPアドレス設定条項追加。

v1.01 1999.12.18 複数の受信処理でハングする不具合修正。

v1.00 1999.09.21 spars.exeとしてリリース